本文へスキップ

患者様に選ばれるクリニックを目指して・・・・

お問い合わせはTEL.042-786-7700

〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝3175-1 かみみぞクリニックビル3F

クリニック案内clinic guide

院長ごあいさつ

院長写真

私の専門分野は脊椎と足部・足関節、膝など整形外科一般の診療と、スポーツ選手、愛好家の方々に対するスポーツ医学です。
 脊椎外科では、1994年に米国カリフォルニア大学デービス校に留学しました。留学を含めて腰椎および頚椎の手術を多く経験しました。国立療養所箱根病院には5年間勤務し、脊髄損傷の診療をしました。田名整形外科クリニックの木内哲也院長には脊椎外科学会でお世話になりました。一般の整形外科診療で腰、頸部の疾痛・疾患は多いですから、この経験をもとに皆様のお役に立てると思います。
 私は湘南ベルマーレのチームドクターですが、前身のフジタ工業サッカー部のドクターを含めると17年間サッカー選手を診療してきました。フジタ工業は当時のJFL(日本サッカー・リーグ)の一部リーグですから、サッカーのトップ・プレーヤーの診療を行ってきたことになります。中田英寿の入団時の傷害は私が診療していました。一般の診療ではあまり経験できない疾患も多々あり、これらの経験は私の診療の重要なポイントになっています。
 サッカーでは足、膝の障害が多いので、この分野の診療には多くの経験があります。最近では野球、バレーボール、ハンドボールなど、肘や肩の傷害を持った選手の診療も増えております。2001年に米国クリーブランド・クリニックに留学してからは、スポーツ・リハビリテーションの日本での発展に努力しています。スポーツ選手に傷害が生じた時やその手術が済んだ後、直後のケアをメディカル・コンディショニングと呼んでいます。治療が進み傷害が治ってきて、プレーに戻るまでをアスレチック・コンディショニングと呼んでいます。言葉は難しいのですが、わかりやすく表現すると「ケガから試合復帰までの治療」に取り組みたいと私は思っています。それは、ようやく復帰したのに、またすぐにケガをしていまう選手が多いので、その予防も重要と考えるからです。ケガで安静にしていた後には必ず筋力低下が起こります。また、ケガをしやすい選手にはどこかに問題があるものです。その点を指摘して予防にも取り組んでいます。さらにこれを拡大させて、一般の疾患予防に応用させています。
 このように当院では、慢性疾患のみならず、幅広い分野のリハビリテーションを行ないます。その結果として、疾患の治療に加えて、皆様の健康維持・増進、疾患の予防にも取り組みたいと思います。よろしくお願いします。 


事務室からのごあいさつ

 明るい笑顔で患者様にあいさつをし、親切丁寧、迅速正確に対応することを心がけ、一人一人がサービスの向上に努めています。患者様がクリニックにいらしていただいている貴重なお時間を、快く過ごしていただけるようクリニックの窓口となってクリニック全体の質の向上をめざしていきたいと思います。


看護部からのごあいさつ

 患者様の満足の笑顔を見たい!こんな気持ちで看護部一同笑顔で精一杯頑張りたいと思っています。来院された患者様が気持ちも身体も少しでも癒されて帰ることが出来る様、どんな事でもお気軽に看護師に声を掛けてください!


リハビリテーション科からのごあいさつ

 こんにちは。リハビリスタッフは理学療法士6名、助手4名の総勢10名!!エネルギー満タンの仲間たちで、上溝リハビリクリニックを、大きく盛り上げていきます。スペースは一段と広くなりますが、患者様とはより近くありたいと考えています。リハビリのことや、診療で聞き忘れてしまったことなど、お気軽にお声をかけてください。
 田名整形外科クリニック同様、よろしくお願い致します。


医師

理事長
木内 哲也
院長
千葉 昌宏
科長 (理学療法士)
田中 理文

上溝整形外科リハビリクリニック

〒252-0243
神奈川県相模原市中央区上溝3175-1 かみみぞクリニックビル3F
TEL 042-786-7700
FAX 042-757-7600